<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Miniatur | main | 精米 >>
Silicon

巷で話題の信越化学の「シリコーン

連休最終日、悴む手でMyDaughterと一緒にボディ全体を施工してみた。

某サイトでの解説によると、一旦水で埃や汚れを流した後、水をかけながらシリコーンを軽く浸したウェスで塗り込んでいく要領。

塗装部、ガラス、ゴムパーツに満遍なく馴染ませ、多少放置してから拭き上げる。

シリコンのムラが取れるまで多少拭き取りに手間がかかるが、その仕上がりはこんな感じ↓

ワックスを重ね塗りした時の保護膜のようにツルんとしてる。

加えて、ガラス、樹脂系パーツ、ゴム部分もムラなく輝いてるのが嬉しい。

ちなみにシリコンは絶縁性が高いらしいので、汚れが着きにくいといった効果も期待出来るそう。

冬のひとお休みのような気候の下、旧車然とした佇まいに対して輝きを増した車体とのアンバランスさが、とても気持ち良く感じられた一日でした :)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://inukura-g.jugem.jp/trackback/355
TRACKBACK