<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Aluminium | main | a happy new year >>
2019 Diary

ここ数ヶ月、試行錯誤を続けた結果、2019年のダイアリーはコレにしました。

美崎栄一郎氏の「結果を出す人のビジネス手帳2019

 

今年活躍してくれた、スクエア版のモーメントプランナー

マンスリーとウィークリーが同時に見れるギミックが気に入っていたものの、残念な事に今年からスクエア版が無くなり、B6横長なタイプに変わってしまった。

横長な感じが形的に好きになれず、かと言って他のB5、A5だとサイズ的に手軽さが今ひとつ。

 

そんな事から、「B6サイズ or スクエア」「バーチカル」「方眼」というキーワードで探した結果、辿り着いたのが今回のダイアリー。

最近は、考えられた構成ではあるものの、結果的にフォーマットに縛られてしまうようなダイアリーが多い中、極めてシンプルな構成で余計なページも少ないところが気に入った。

 

ただ、ダイアリー標準のブルーのカバーだけは好きになれず、一年お付き合いするダイアリーだけに、カバーは別途調達。

今回選んだのは、KAKURAの「B6 レザーノートカバー ブラック

職人さんの手で0.9〜1.0mmの厚さに漉いた一枚革で作られており、軽くて手触りも非常にいい。

ポケット部は革を足すのではなくスリットで作られていたり、ペンホルダーも切り出した革をスライドして色々な太さのペンに対応出来るようにしていたり、作り手のコダワリが自分好み。

ダイアリーもカバーも、シンプルでミニマルなコンセプトで作られていて、永く付き合えそうな気がする。

 

ところで、ダイアリーの末尾のページと言えば、殆ど開かない路線図やら世界時差といったのが普通だけど、今回のダイアリーはブロックで書かれた世界地図と日本地図のみ。

来年一年間で訪れた場所を記録するもよし、食した名産品をメモするもよし、なかなか想像力を掻き立てられるページ。

余計なところを省く一方で、こういった遊び心は必要だなと改めて感じた、この年の瀬でありました :)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://inukura-g.jugem.jp/trackback/352
TRACKBACK