<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< はじめての洗車 | main | グリルエンブレム >>
2018 Diary

”手帳ジプシー”

 

そんな私の来年のダイアリーはコレで行きます :)

10月に入った頃から、多くの雑誌で組まれる「手帳特集」。

それらを参考に、年末まで試行錯誤を繰り返し、年明けには複数のダイアリーがデスク上を飾るのが年中行事。

今年も例に漏れず、最後まで使われない運命の2018年ダイアリーが複数・・・

 

で、冒頭のダイアリー。

2018年版ではじめてラインアップされた、モーメントプランナーのスクエアバーチカルタイプ。

このダイアリー、数年前に「マツコの知らない世界」で取り上げられた事で、爆発的に人気の出たシリーズ。

何が優れてるかって、イヤー、マンスリー、ウィークリーと広げて眺める事ができる。

何でもない事だけど、このギミックは画期的。

 

これまで色々なダイアリーを試し、使って来たものの、結局多くのページを使いきれていない。

日々の時間管理に追われるが故、ウィークリーページに書き込む事で満足して、結果的に年間、月間は気が向いた時にしか開かない。

それがこのダイアリー特有のページ配置だと、年・月・週を横並びに俯瞰して見られるので、近視眼的になりがちなスケジュール管理を刷新してくれそうな気がする。


また、この特徴を生かした、マンスリーを開いた時の左側「MONTHLY TO DO LIST」ページと中央「方眼メモ」ページが、何気に使い勝手良さそう。

考え抜かれた感のある各ページ配置と、何より最近のビジネス系、ライフログ系ダイアリーにありがちな、アイコンやら何やらが小うるさいページ構成ではなく、ページ毎にシンプルに書くべき内容に特化した感じがいい。

開くのが楽しければ、無駄なページはなくなる、そんなコンセプトを感じる。

 

加えて、今回選んだ新作の16cm x 16cmのスクエアタイプ。

QUOVADISの定番ダイアリーである「エグゼクティブ」を彷彿させ、ナカナカいい雰囲気。

後々、革カバーでも奢ったら、より愛着が湧くかも。

 

このダイアリーにより、果たして”手帳ジプシー”から卒業できるか!?

 

その答えは・・・ 一年後 :P

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://inukura-g.jugem.jp/trackback/297
TRACKBACK