<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 最近のCar Audio | main | 触れるモノ >>
Pueblo Beige

My Gのボディカラーは、「Pueblo Beige(カラーNo.651)」

ソリッドカラーで、多少グレーとかグリーンが混ざった印象のベージュ。

メルセデスでも、主に80年代に使われていた色らしく、当然W46x系のカラーとしては無かった・・・と思われる :P

ちなみに「Pueblo」の語源をWikiで調べてみると、メキシコ北部とアメリカ南部に位置するインディアンの集落の呼称との事。

なるほど、色の感じが、昔ウェスタン映画で目にした、少しくすんだ砂っぽいイメージと重なる。


このPueblo Beige、比較的ご近所のW124系を専門に扱う某ショップさんでもカスタムカラーとして好んで使われている色で、リノベされたショートのG-Wagonにも使われていた。

そんなところを参考にして色を選定するにあたり、「Gのボディカラーはベージュ」と考えてた中、サファリパーク的雰囲気満点の発色のいいサンドベージュよりも、普段走らせる街中でも違和感の少ない、少し落ち着いた色目というのがポイントで、今回選んでみた。

 

実際、Pueblo BeigeのMy Gを手にして3週間。

改めて気づいたのは、光の具合で変わるPueblo Beigeの色のイメージ。

普段、晴天の強い太陽の日差しの下では、明るいベージュとしての色が際立つ。

一方で、曇り空の下や日の当たらない場所では、グレーが強く出て、まるでアーミーグリーンのような印象。

光の当たり具合や、天候によって表情を変える、不思議な色。

う〜ん、これはナカナカいい選択だったかも :)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://inukura-g.jugem.jp/trackback/294
TRACKBACK