<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 浮気心 | main | 「マクロ経営学から見た太平洋戦争」 >>
グラブ・タン・レザー
昨年までと違い、最近はめっきり減ってしまった出張。
新鮮な空気、人、食事といったものから離れ気味で、ちょっと寂しい平日のDay Time。

で、最近の仕事の中心は「丸の内」。
行き来する通りには、有名ブランドのフラッグシップショップが並んでる。
そんな環境なもんだから、行き来する度に色々と刺激、特に物欲への刺激が。

という訳で、仕事へのモチベーションをアゲる理由も兼ねて、今回調達したのは・・・























 

TUMI 96130BH

既に廃盤のこの商品。
グラブ・タン・レザーという、その名の通り野球のグラブに使われるものと同じ、風合いと丈夫さが売りのレザー仕様。
COACHなどのブランドでも使われているレザーらしく、色は好きな茶色。
そして、今回は最近の荷物の状況を鑑み、容量重視で少しばかりおデブなブリーフケース。

TUMI、果たして何代目になるんだろうか。

一番最初は、MyWifeからプレゼントされたブリーフケース。
その後、一時はRIMOWAのフライトバッグやオロビアンコに浮気してたりもしたけど、オロビアンコなんかあんまりに流行っちゃったもんだから使うのをやめて手放した。
で、やっぱり質実剛健、使い勝手が良く、整理し易いコンパートメントのあるTUMIに戻ってきた。
ここ最近は、最低限の荷物が収納できるブラウンのナパレザーのスリムブリーフケースを愛用していた。

歴代のTUMI、ナイロン、ナパレザー、それぞれの素材でそれぞれイイところもあった。
けど、今回のこのグラブタンレザーは、他には無い雰囲気。
革の厚みはあるけど、柔らかく、それでいて軽い。
そして何より、使い込む程に味が出る風合いが絶妙。
RIMOWAのトロリーとも相性良し、とイイ買い物だったかな。

ちなみに、メンテナンスは専用のオイル以外に、野球のグラブ用のオイルでもいいらしい。(当たり前か・・・)
他には、人間の肌用の「ジョンソン・ベビーローション」でもいいんだとか(笑)

永く付き合っていけそう :)
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://inukura-g.jugem.jp/trackback/276
TRACKBACK