<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 信州そば | main | Jobsの遺産 >>
長野の夜
世界中に、天才の死を悲しむメッセージが溢れた夜。

東京と違い、日暮れと共に冷え込みの厳しい長野で一人。
打ち合わせを終え、地の美味いモノを求め、とあるお店に入る。

とりあえずの生ビールとともに、冷えた体にはまずは”おでん”


お次は地の物、”いわなの塩焼き”



そして忘れちゃいけない、この店自慢の瑞々しい”馬刺し”



ちなみに、この馬刺し。

さすがにこの長野駅界隈もほとんど輸入物らしいのだが、一般的にオーストラリア産が多い中、このお店はそのクオリティからカナダ産を選んでるとの事。

この柔らかさは、あまり食した記憶がない。

そして、〆は、ご当地の地酒。



稀代の天才の死に、献杯。
スポンサーサイト
んまそう!

やーっと贔屓のキャリアから出るよ!と驚き、喜び勇んでいた矢先の訃報に、これまた違った驚きと同時の悲しみ。

4Sを買って悼みます。
aroot | 2011/10/07 00:04
>arootさん、

うまがっだよ〜(笑)

それにしても、なんというタイミングだろうね。
巷じゃ、「5」じゃなくて「4S」にしたのも、「for Steve」の意味だとか。。。

彼の遺してくれたもので、Enjoyしませう。
しーたけ | 2011/10/07 10:16
COMMENT









Trackback URL
http://inukura-g.jugem.jp/trackback/252
TRACKBACK