<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お酒の嗜好 | main | 電動アシスト自転車 >>
強い日差しの下で聞きたい音楽
朝晩問わず、暑〜い日が続く今日この頃。
今回紹介するのは、そんな中で爽やかな気分に浸るのにオススメな一曲。

アーティストは、ある世代の人達には懐かしいであろう、Kalapana。



#いや〜、この画像、超いなたい(笑)

デビューは1975年で、メンバーは Hawaii 出身の構成されているものの、音楽的にはジャンルはRockに分類され、雰囲気的には West Coast Sound そのものなのだが、ちょっとばかり Hawaii っぽさがエッセンスとして注入された感じ。

そんな Kalapana の曲の中でも、Fusionっぽいグルーブ感で、俗に言う”ご機嫌サウンド”なのが、今回紹介する「Freedom

ウネるようなリズムに、ノリの良いホーンセクション、それにどこか土っぽさが残るVocalがとても気持ち良い。
加えて、Drum の手数の多さも、その時代を象徴している。

まさに Kalapana のイメージそのもので、Hawaii の海岸線をオープンカーで気持ち良く流してる雰囲気を髣髴させる一曲です。

ところで・・・
昔の洋楽って日本盤のレコードには必ず邦題が付いてたようなんだけど、それがまた原題とかけ離れたものが多かった。

Kalapanaの ファーストアルバム「Kalapana」も、付けられた邦題は「ワイキキの青い空」。

ちなみに、エアロスミスの 3rd アルバム「Toys In The Attic」に至っては「闇夜のヘヴィ・ロック」・・・(苦笑)

英語を単に訳すより、イメージで付けられたものが多いってのが、時代を感じさせますな :)
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://inukura-g.jugem.jp/trackback/226
TRACKBACK